つみたてNISA

積立nisa
ってよく聞くけど、お金がどれくらい増えるの?

やり続けたら、20年後にいくらになるの?

全然、イメージがわかないんだけど。。。っていう人は、

簡単に、無料でシミュレーションできちゃうので、絶対にやるべきです。

実際、投資の運用実績、パフォーマンスのシミュレーションを経験している人は、

26.5%と結構、少なくて、hirohiroも、積立nisaを始めて5年以上たつのに、

簡単にシミュレーションできることを知ったのは、つい最近です。

出典:東証マネ部 投資シミュレーションは使ったことある?


積立nisa、ウェルスナビ、株価指数CFD、仮想通貨、日本株に、

2018年から5年以上、ドルコスト平均法で投資し続けて、

2023年9月17日現在の成績は、投資額約1,500万円に対して評価額約2,800万円で約1.9倍、

某大手企業の財務部門で日夜、数100億円や1,000億円超の投資内容、

投資結果を分析、評価しているサラリーマン投資家hirohiroが、
  • 積立nisaって、何だかよくわからない
  • そもそも、積立nisaって何がいいの?
という、投資初心者のために、

積立nisaの資産運用シミュレーションのやり方や、

積立投資をやる理由、積立nisaを選ぶ理由、積立nisaの始め方を、

実体験に基づいて、
紹介します。

但し、投資は、元本割れなどのリスクを伴いますので、

余剰資金と自己責任で行って下さい。


積立nisaの資産運用シミュレーションのやり方

金融庁や積立nisaを扱っている証券会社や銀行の公式サイトでは、

資産運用結果をシミュレーションできるサービスを提供しているので、

10年後、20年後、30年後にいくらになるのかとか、

20年後に2千万円に到達するには、何年かかるのかとか、

誰でも、簡単に、無料で、シミュレーションきます。

よくありがちな、会員登録や個人情報の入力も必要ありません

例えば、下の絵の金融庁WEBサイトの場合は、

左上の入力ボックスの一番上の将来いくらになる?では、

以下の3つの数字をボックスに入力または選択するだけで、

積立期間の総投資金額がいくらになるのかを、

グラフ化してビジュアルで見せてくれるので、

イメージをつかむことができるので、とても便利です。
  • 毎月の積立金額(万円)
  • 想定利回り(年率)
  • 積立期間(年数)
例えば、毎月の積立金額を5万円、想定利回りを5%、積立期間を20年に設定して、

「計算する」ボタンをクリックすると、原資1,200万円が2,055万円になる

という、シミュレーション結果が、一瞬で出ました。

金融庁資産運用シミュ_5%20年G

想定利回りを5%から10%に変えてみると、

原資1,200万円が3倍超えの約3,800万円になる!


金融庁資産運用シミュ_10%20年G


また、真ん中の毎月いくら積み立てる?では、

目標金額(万円)と想定利回り(年率)、積立期間(年数)を設定して、

目標金額(万円)を達成するために必要な毎月の積立金額(万円)

計算させることができるし、

一番下の何年間積み立てる?では、毎月の積立金額(万円)と想定利回り(年率)、

積立期間(年数)を設定して、必要な積立期間を出すこともできます。

超簡単なので、やってみましょう

また、イオン銀行など、銀行の公式サイトでは、積立nisaとならんで、

iDeCoのシミュレーションサービスも提供しているので、

積立nisaとiDeCoのどっちがいいのか、迷っている人、

iDeCoも、気になっている人にはおすすめです。

シミュレーション_イオン銀行
出典:イオン銀行 iDeCo・つみたてNISA版シミュレーション

積立金額、想定利回り、積立期間の設定数値に制限はある?

上で紹介した、シミュレーションツール上では、以下のようになっています。
  • 毎月の積立金額(万円) ⇒ 入力制限なし
  • 想定利回り(年率)   ⇒ 入力制限なし
  • 積立期間(年数)    ⇒ 1年~30年を選択
2023年までのnisaでは、非課税対象の毎年の積立金額は40万円なので、

毎月に直すと約33,333円、積立期間は最長20年だけど、

2024年からスタートする新nisa制度では、

毎年の積立金額は40万円から120万円に、非課税限度額は800万円から1,800万円にと、

大幅に引き上げられ、
非課税保有期間は、なんと無期限になります。

出典:金融庁WEBサイト-新しいNISAのポイント


想定利回りって言われても、何%を想定すればいい?

MINKABUのつみたてNISA利回り(リターン)ランキングによると、

2023年8月16日現在、5年間平均の上位10銘柄は15~17.5%、

下位10銘柄は1~3.5%となっているのを参考にして、

例えば、1%、5%、10%、15%でシミュレーションするとか

シミュレーションはお金かからないし、一瞬で出来るので


積立を何年、続けるべきか

制限の範囲内なら、積立nisaで得られる利益は非課税だし、

ドルコスト平均法で積み立てていけば、リスクを分散できることがわかってきたら、

何年、続けたらいいの!? って考えると思います。

もちろん、完全に投資結果を予測することは不可能だけど、

hirohiroは、自分の経験から、5年以上続ければ、プラスで安定する可能性が

大分、高くなるよなー
って思ってます。

100聞は一見に如かず なので、hirohiroの実際の結果で話しますね

下のグラフは、hirohiroの、2018年から2023年8月現在まで、ちょうど5年間、

年間40万円マックス積み立てた、積立nisaの資産運用結果です。

5年間トータルで見ると、評価損益はプラスになって、右肩上がりに増えていて、

かなり順調に見えるけど、途中、3回は40万円くらいの凸凹があります。

この凸凹のことを、投資の世界では、株価などの値動きが予測不可能なことから、

酔っ払いが、ふらふら歩くようなイメージで、ランダムウォークというそうですが、

hirohiroの場合でも、前の月より40万円も下がってんじゃん!

ていうのが、ちょいちょい起きてます。

出典:ウォール街のランダムウォーカー 株式投資の不滅の心理 
   バートン・マルキール(著) 井手正介(翻訳)

つみたてNISA_2308

でも、今は、プラスが140万円になってるので、40万円下がったとしても、

プラス20万円しかなかったときに比べれば、さほど痛くはないし、

どうせまた、上がるよ! って思えるけど、

まだ、始めて1年半後の2020年3月にマイナスになった時は心折れそうになったし、

プラスで安定してるのは、開始から3、4年後の2022、2023年だからねぇ


積立期間終了後のシミュレーション

積立期間が終わった後のシミュレーションについても、考えておきましょうか

まず、2023年までのnisaでは、非課税期間20年の縛りがあるため、

2018年に積み立てた分は2037年までに売却、2019年に積み立てた分は2038年までに売却、

2020年に積み立てた分は2039年までに売却、2021年に積み立てた分は2040年までに売却、

2022年に積み立てた分は2041年までに売却、2023年に積み立てた分は2042年までに売却、

というように、積立期間が20年に達したものから毎年、売却すると思いますが、

逆に言うと、それぞれの年に積み立てた分が20年に達するまでは持っておけるので、

2018年から開始して、20年後の2037年までのシミュレーション結果に、

非課税非課税期間20年のメリットを最大限に受ける場合には、

2042年に全部を売却するまでの分を加える必要があります。

でも、当たり前のことですが、金融庁や積立nisaを扱っている証券会社などの

シミュレーションツールでの、2037年までの結果が間違っている、

というわけではありません


そして、2023年までの積立nisaの制度は6年間で終わってしまうので、

この上積み期待部分については、hirohiroのように、

積立nisaの制度が始まった2018年から始めた人でも、

マックスで、40万円✕6年=240万円の投資分しかありません。

シミュレーションと実際の資産運用結果は、完全に一致はしないので、

hirohiroは、増えたらラッキー!くらいに考えてます。


では、本題の、2024年から始まる新しい積立nisa制度の場合です。

非課税期間が無制限になるので、積立期間は、原資の合計金額が1,800万円まで

ということだけを念頭に置いて、自分が積立nisaを開始してから20年とか、

60歳になるまでとか、自由に決めればいいですね

そしたら、積立期間終了後のシミュレーション自体は超簡単で、

最終積立金額に、換金せずに持っておきたい年数だけ、想定利回りを掛け算するだけです。

例えば、毎月5万円、20年間、最終積立金額20,551,683円を、

5年間、ホールドする場合は、20,551,683✕1.05の5乗=26,229,734円


実は、積立nisa以外のシミュレーションにも使える!

すでに気づいてるかもしれないけど、このシミュレーションツールは、

積立nisa以外にも、AIロボアドバイザーのウェルスナビや、

株、仮想通貨など、積立投資のシミュレーションなら、

なんにだって使えます。


また、既に投資を始めているけど、利回りなんてわかんないよ、っていう人も、

こんな使い方をすれば、将来の成績を簡単にシミュレーションできます。

①まず、自分がこれまでやってきた、毎月の積立金額と投資期間を入力し、

 現時点の評価金額になる利回りを見つける。

②毎月の積立金額と、①で分かった利回りと投資期間を入力する。

毎月同じ金額を積立するドルコスト平均法でやってこなかったよーという人も、

とりあえず、これまでの合計積立金額を月数で割って、

平均を出して入力すれば、シミュレーションはできるでしょう


積立投資をやる理由

そもそも、積立投資をなぜ、やるのか?

それは、ドルコスト平均法のメリットを、思いっきり、受けられるからです。
  • まとまったお金を用意しなくても、少額から始められる
  • 毎月の積立金額を固定できるので、購入タイミングに悩まない
  • 銘柄の値が下がっている時はたくさん買えて、逆に値上がりしている時は
    少量に抑えられ、購入単価を平準化できるので、投資のリスクを分散できる
出典:大和証券-積立投資の3つのメリット

hirohiroは、収入が多くはないが、安定はしているサラリーマンなので、

投資リスクを分散できることが、最も重要なポイントだと断言します。


誰にでも平等に与えられている、時間という武器を味方につけて、

投資の専門的な知識や技術がなくても、安定的にできちゃうんです。


みんなの積立投資経験、積立金額、積立目標金額は?

2016年8月に野村アセットマネジメント社が、

日本全国の20歳以上の男女40,000人に調査を行ったところ、

積立の経験があると回答した人は、全体の47.2%、

積立金額は、毎月2.5~3.5万円、積立目標金額は670~939万円、

積立目標年数は12~14年
、という結果になっています。

出典:SBI新生銀行-簡単10秒で!積立シミュレーション

物価の上昇などを考えると、現在では、金額はもっと大きくなっている

と考えた方がよいかも


積立nisaを選ぶ理由

積立投資の中で、積立nisaを選ぶ最大の理由は、もちろん、

2024年からの新制度の場合、年間120万円、累計1,800万円の投資までなら、

利益が出ても税金がとられないことです。

利益が出ても税金がとられないことを、ディフェンス面のメリットと考えると、

オフェンス面のメリットは、積立nisaのほとんど全て銘柄が、実際に、

銀行貯金の金利よりも、何桁も高い年利を出していることですよね。


積立nisaの対象商品・銘柄は、安定的な資産形成を目指す、

長期・積立・分散投資に適した商品となる様に設定された、

4つの条件を満たした、金融庁に届け出済の投資信託等に限定されている

ので、納得です。

出典:三井住友銀行-つみたてNISAとは?


それと、もう一つ!

毎月、コツコツ積み上げていくので、時間はかかるけど、

積立nisaは、単利ではなく複利の効果を受けられることです。

例えば、最初の元本に対して、毎年、一定の利率、

例えば5%ずつしか増えない単利方式の金融商品ではなく、

毎年の金額に対して、5%ずつ増えていきます。

そこに、ドルコスト平均法で毎月、毎年、一定の金額を積み重ねていけば、

直線的な増え方ではなくて、

 ↗

指数関数的に、雪ダルマの様に増えていくんです。

 ⤴

そりゃあ、最終的な金額に圧倒的な差が出ますよね


じゃあ、逆に、積立nisaをやらない理由は?

元本割れリスクが怖いから、1ミリも増えなくても、銀行貯金の方がいい!

長時間待つことが耐えられない!

単に、新しいことを始めるのが、面倒くさい。。。

って、とこかしら

積立nisaをやらない理由って、何かありますかね?

積立nisaの始め方

まずは、積立nisaを取り扱っている、証券会社の口座を開設します。

hirohiroは、積立nisa口座の人気ランキングなどでは、必ず上位に入っていて、

殆どのブログや雑誌記事で1位、2位を争っている、大手の、

SBI証券、楽天キャッシュ決済×楽天証券GMOクリック証券の口座を持っていて、

SBI証券では積立nisa、楽天証券では楽天ポイント投資、GMOクリック証券では

株価指数CFDの積立投資もしています。

SBI証券を選んだ理由は、業界の老舗かつ圧倒的超大手なので、多分、倒産リスクは

一番低くて、カスタマーサポートサービスもしっかりしてるだろうと思ったから

楽天証券は、単純に楽天ポイント投資などの楽天のサービスに相性がよいので。。。

GMOクリック証券も大手なので、安心感はあり、実際、5年くらい使っている中で、

ちょいちょい、分からないことをメールで問い合わせるんですが、

いつも、的確かつ丁寧に回答をもらえます。

積立nisaは、20年とか、長期に渡って大きなお金を預けることになるので、

口座開設には、会社の安定感とカスタマーサポートの安心感、信頼感を

最も重要視していますね

口座開設後、自分のアカウントにログインして、購入銘柄や

毎月の積立金額などの、
積立nisaの設定をしたら、

あとは、ほったらかしで、好きな時に資産状況をチェックするだけでOKです。

参考:SBI証券-つみたてNISA簡単操作ガイド

分からないことは、サポートセンターにメールなどで問い合わせれば、

丁寧に回答を返してくれるので、普通に仕事をしている人なら、まず、問題ないでしょう


積立nisaの銘柄の選び方とおすすめの銘柄

SBI証券のWEBサイトでは、いくつかの設問に選択形式で答えるだけで、

銘柄選びをサポートしてくれるサービスがありますが、

hirohiroの場合は、2018年当時に、炎上系ブロガーのイケダハヤトさんが推していた、

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスというやつを、

安直にマネして選びました。

おかげさまで、MINKABUのつみたてNISA利回り(リターン)ランキングでは、

5年平均で、2023年8月16日現在、第7位、驚異の15.15%

という、超優秀な成績となっています。

イケハヤさん、ありがとう!


まとめ

積立nisaは、金融庁WEBサイトなどで、積立金額、想定利回り、積立期間を

 入力するだけで、将来の資産運用成績を簡単にシミュレーションできる

②積立金額、想定利回り、積立期間には、以下の上限がある。

 <2023年まで>

 非課税対象の年間積立金額は40万円なので毎月約33,333円、積立期間は最長20年

 <2024年から>

 非課税対象の年間積立金額は120万円、積立期間は無期限

 但し、非課税限度額は合計1,800万円

③想定利回りは、2023年8月現在の積立nisa銘柄の実績から、3~15%

④積立投資を選ぶ理由は、以下4つのドルコスト平均法のメリットを得られること
  • まとまったお金を用意しなくても、少額から始められる
  • 毎月の積立金額を固定できるので、購入タイミングに悩まない
  • 銘柄の値が下がっている時はたくさん買えて、逆に値上がりしている時は
    少量に抑えられ、購入単価を平準化できるので、投資のリスクを分散できる
  • 複利の効果を享受できるので、直線的ではなく、雪ダルマ式に増えていく

⑤積立投資の中で、積立nisaを選ぶ理由は、
 
 利益が出ても税金がかからないことと、

 積立nisaの銘柄は金融庁届け出済の投資信託等に限定され、

 実際に、2023年8月現在、銀行貯金の金利より何桁も高い利回りを出していること
 
積立nisaの始め方は、積立nisaを扱っているSBI証券や楽天キャッシュ決済×楽天証券

 GMOクリック証券の中から一つ選んで、口座を開設。

 管理画面にログイン、購入銘柄や積立金額などの設定をしたら、

 気が向いたときに運用成績をチェックするだけで、基本、ほったらかしでOK


hiroiroは、2018年の積立nisaの制度開始から5年間す~っと、

ドルコスト平均法で積立nisaを続けているので、資産運用結果を記事にしています。

参考記事:つみたてNISA2022年10月不労所得実績とおすすめ商品銘柄公開

リアルの結果は、シミュレーションとは違って、凸凹はあるけど、

2023年8月27日現在では、累計投資額220万円、累計利回り66%、

評価額360万円、プラス140万円です。

つみたてNISAは、2024年から新しくなって、上限額などが大幅に限定解除されたので、

何がどう変わったのかについて、まとめてみました。

参考記事:新つみたてNISAは上限解除?メリット最大限でデメリット最小限にするには


ロボアドバイザーのウェルスナビも、ドルコスト平均法で積立投資開始から5年が経って、

順調に資産を増やしているので、手数料や税金などの特徴や運用実績をまとめましたので、

よかったら、是非どうぞ

参考記事:ウェルスナビとは?手数料や税金等の特徴と資産運用実績、利回りを公開

関連記事:ロボアドバイザー徹底比較!運用実績など比較すべき点とおすすめランキング


ボラティリティーの高い仮想通貨も、積立投資で攻略中です。

参考記事:仮想通貨を週6千円定額積立投資で不労所得!3年5ヶ月目の実績公開


楽天カードで買い物するたびにタダでもらえる楽天ポイント投資でも、

不労所得を増やし続けています。

参考記事:楽天ポイント投資とは?5年で20万円超えた実績と超簡単な4つの戦略

参考記事:毎月2千円分の楽天ポイント投資で不労所得!2年10ヵ月の実績公開