投資初心者のために、ロボアドバイザーとは

何か、ロボアドバイザー選びの比較ポイント

客観的なデータとhirohiro自身の実体験に基づいた、主要ロボアドバイザーの比較結果、

おすすめの最強ロボアドバイザーランキング
紹介します。

簡単に自己紹介すると、私hirohiroは、ロボアドバイザーのウェルスナビ、積立NISA、

株価指数CFD、仮想通貨、日本株に2018年から5年以上、ドルコスト平均法で投資し続けて、

2023年10月22日現在の成績は、投資額約1,500万円に対して評価額約2,800万円で約1.9倍、

某大手企業の財務部門で日夜、数100億円や1,000億円超の投資内容、

投資結果を分析、評価しているサラリーマン投資家です。

AI_1

但し、投資や資産運用は、元本割れなどのリスクを伴うので、

余剰資金と自己責任で行って下さい。


1. ロボアドバイザーとは

証券会社などの、ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれる人間の担当者ではなく、

AIが、アルゴリズムや機械学習を用いて、顧客にサービスを提供します。

ポートフォリオと呼ばれる資産配分を作成、最適化して、

商品の自動売買までを行う、
「投資一任型」と呼ばれるタイプと、


アドバイスのみを行い、あくまで、売買や意思決定は利用者自身が行う、

「アドバイス型
と呼ばれるタイプの2種類があります。


ロボアドバイザー誕生の歴史は、リーマンショックが起こった2008年頃のアメリカで、

日本では、TEHO、楽ラップ、ウェルスナビの3社が、サービスを提供開始した

2016年とされています。

アメリカでは、投資が一般に普及しているため、

「投資一任型」「アドバイス型」の2つが混在していますが、

アメリカと比べると、日本では、まだまだ、投資が一般的でないため、

投資初心者、あるいは、まったくの投資未経験者だけど、

老後の資金に不安のある会社員が、主要ターゲットと言われているため、

ロボアドバイザーと言ったら、「投資一任型」の方を指すことの方圧倒的に多いです。

出典:KEPPLE ロボアドバイザーの歴史


出典:
経営情報学会(2021年11月) 静岡大学 西澤、遠藤  



ですので、「ロボアドバイザー徹底比較!最強ランキングと絶対チェックすべき点を公開


では、超楽チンな、投資一任型ロボアドバイザーの方を紹介していきます。


2. ロボアドバイザー選びで絶対チェックすべき比較ポイント3つ

ロボアドバイザーを選ぶ際の比較ポイントって、


そりゃあ、一番大事なのは、どれだけ、お金を増やしてくれるのか、

運用実績、つまりパフォーマンスでしょ?


資産運用実績が優秀じゃなくっちゃ、話にならんですよね

なので、年平均利回りを比較チェックしましょう


ただし、年平均利回りをチェックする意味があるのは、

最低でも、5年以上の運用して実績データだけです。

なぜなら、最低でも5年以上やったデータでないと、

ばらつきが大きすぎるので、しょせん、たまたまの結果に過ぎないから


つまり、データとして全く信用できないからです。


例えば、下の画像は、金融庁の積立投資に関する資料の抜粋で、

横軸に投資年数、縦軸に過去のデータから計算した年利をとった、ヒストグラムですが、

積立期間が
20年の場合は、利回りが2~8%に集まっているのに対して、


積立期間が5年の方は、利回りが-8~14%まで広く分布しているので、

実績として、
どの数字になるのか、全くわからない、という結果になっていることからも、

5年未満では話にならないし、5年でもまだ、投資のパフォーマンスとして優劣を

結論付けることはできない、ということを示しています。

長期投資の運用硬貨_金融庁
 出典:金融庁WEBサイト NISAガイドブック「長期投資の運用効果」


2つ目は、サービスを提供している会社が、どれくらい信用できるか、

ロボアドバイザーのサービス提供に、どれくらい実績があるか、です。

サービス提供年数、登録者数、預かり資産金額といった、

客観的なデータで比較しまょう


もちろん、口コミも参考にはなりますが、

よい意見に偏ったり、逆に、悪い評判に偏った口コミにスポットを当てて、

あたかも、悪い意見が多いように見せることも簡単なので、

あくまで、多くの意見や評判がある中の、ほんの一部を見せられている、

と思った方がよいでしょう


最後に、3つ目は、サービスを利用するために支払わなければならない、手数料です。

最初に挙げた、利回りから、年間の手数料を差し引いて、我々利用者にとっての

実質の年利をはじき出しましょう

以上の3つは、hirohiroが実際にロボアドバイザーのウェルスナビを5年以上使った、

実体験に基づいた私見ですが、神戸大学のアンケート調査結果でも、

ロボアドバイザーを含む、資産運用・助言サービスを利用する際に重視する項目として、

以下の3つは上位を占めているので、全く外してないようですので、

この3つを比較して見極めることで、最強ロボアドバイザーが明らかになります。
  • 運用パフォーマンス
  • 安心感・信頼感
  • 手数料の水準

出典: 日本FP学会第17回大会 神戸大学「ロボアドバイザーに関する経済的考察と利用実態調査」 


3. おすすめの最強ロボアドバイザーランキング

2. ロボアドバイザー選びの3つの注目ポイントで紹介した、

3つの注目ポイントについて、順番に見ていきましょう

いきなり、大本命のパフォーマンスからです。

過去5年間での運用実績を、比較してしまえば、一目瞭然なので、

はい、結果ドーン!

ロボアドバイザー過去5年間の運用実績比較
出典:日本経済新聞 投信コラム(2023年6月23日)「ロボアドで積立、主要4社の運用成績比較」

リターンが5年間での利回りなので、4つのロボアドバイザーの運用実績を見比べて下さい。

ウェルスナビが、圧倒的に最強なことが、よくわかりますよね


hirohiroのウェルスナビの実績も、こちらの記事にまとめています。

参考記事:ウェルスナビが6年目で1.5倍!特徴と資産運用実績、利回りを公開

ちなみに、ウェルスナビのアフィリエイトは、一切、していません


では、次に、2番目の注目注目ポイントにいきます。

ロボアドバイザーのサービス提供にどれくらい信用できるか、を比較するために、

主要4社のサービス提供年数、登録者数、預かり資産金額を調べて、一覧表にしました。

ロボアドバイザーのサービス提供実績
出典:ウェルスナビ公式サイト
ウェルスナビ 会社情報 沿革
   THEO公式サイト 数字で見るロボアドバイザーTHEO
   価格.com THEO+docomoの特徴・評判
   楽天証券公式サイト 楽ラップ
   価格.com 楽ラップの特徴・評判
   SBI Holdings公式サイトニュース 
   SBI Holdings公式サイトニュース

ウェルスナビ、TEHO、楽ラップの3社が、時同じく2016年にサービス提供を開始していて、

SBIラップだけが、2022年開始の新規参入となっていますが、

登録者数と預かり資産金額の両方において、ウェルスナビが群を抜いているので、

ここでも最強となっています。

預かり資産金額については、2017年12月から2023年3月までの推移のグラフでみても、

ウェルスナビが、TEHO、楽ラップ、ON CAMPASの3社を、

スタート時点の2018年12月から先頭に立ち、リードをドンドン広げて、

圧倒的に引き離していることがよく分かります。



ロボアド4社の預かり資産推移
出典:日本経済新聞 投信コラム(2023年6月23日)「ロボアドで積立、主要4社の運用成績比較」


最後に3つ目、手数料他サービス内容を比較できる一覧表は、

価格.comが一番、わかりやすいです。

手数料は、楽ラップとSBIラップが0.3%くらいやすいですが、

大きな差はなく、「50歩100歩」、「目くそ鼻くそ」の世界ですね

主要ロボアドバイザーの手数料他サービス比較表
出典:価格.com「ロボアドバイザー比較」


以上の3つの注目ポイントの比較結果から、

一番重要な、①パフォーマンス実績が圧倒的第1位、

加えて、②ロボアドバイザーサービス提供実績も圧倒的1位のウェルスナビが最強なので、

ダントツで、ロボアドバイザーおすすめランキング第1位です。


完全に、一人勝ちの無双状態です。

ロボアドバイザーでお金を増やそうとするなら、

最強のウェルスナビを選ばない理由って、なにかあります?

強いて、ウェルスナビ以外の2番手をあげるとすると、

1年間で登録者数を34,914件増やし、

預かり資産も、500億円以上も増やしている急成長中のSBIラップは、

勢いという意味で注目だけど、既にウェルスナビとの差があまりにも大きく、

出遅れた感があるので、このまま、ウェルスナビが、ロボアドバイザー業界を席巻し、

やがて、ロボアドバイザー業界は、ウェルスナビに淘汰されるだろうな

と予想しています。

なぜなら、1%前後の手数料がかかるロボアドバイザーにとっての、最大のライバルは、

2024年から、年間の非課税積み立て限度額が、40万円から120円に急拡大する、

新積立NISAが最有力だが、ロボアドバイザーを含む、積立NISA以外の

資産運用サービス利用者の資金が、積立NISAに流れ込む可能性大だと思うので、

ロボアドバイザー業界の競争が激化すればするほど、

ウェルスナビ以外のロボアドバイザーは、生き残るのが難しくなる、

と考えられるからです。


4. ロボアドバイザーをおすすめする理由とおすすめしない理由

hirohiroには、ロボアドバイザーをおすすめする理由と、

おすすめめしない理由の、両方があります。

おすすめする理由は、楽に、お手軽に、資産を増やせる可能性が高いこと、

おすすめしない理由は、楽で安心感が高い分、約1%の手数料を取られることです。


hirihiro自身、2023年現在、積立NISAとロボアドバイザーのウェルスナビの両方をやっていて、

年間の積立金額は、積立NISAが現行制度の非課税MAXの40万円、ウェルスナビが72万円です。

しかーし、2024年からは、積立NISAの非課税積み立て限度額が120万円に激増するので、

MAXの120万円にするかは別としても、80万円くらいには上げようと思っています。

でも、リスク分散の観点で、単独銘柄の積立NISAより圧倒的に安心感が高いウェルスナビも、

2023年11月時点で、やめるつもりはないですね


5. ロボアドバイザーがおすすめな人とおすすめしない人

おすすめな人は、

  • とにかく、楽にお金を増やしたい人
  • お金を増やしたいけど、時間がない人
  • コツコツ、時間をかけて着実に、お金を増やしたい人
  • 銀行貯金だけじゃ不安な人
  • 積立NISAだけじゃ、物足りない人
  • 積立NISAで買える一銘柄だけでは、不安な人
  • 投資や資産運用に興味はあるけど、初心者もしくは、まだ何も始めていない人
  • 年間手数料の約1%以上に稼いでくれるなら、手数料はどうでもいい、と思える人
  • 長期、分散、積立投資で、時間はかかっても着実に資産を増やしたい人

逆に、おすすめしない人は、
  • 非課税の、積立NISAだけで十分な人
  • 手数料がもったいない、と思う人
  • 自分で、投資商品を選んで運用できるから、ロボアドバイザーなんか要らない、と思う人
  • 長期、分散、積立投資なんか、かったるくてやってらんなーい、という人


6. ロボアドバイザーのメリットとデメリット

メリットは、
  • とにかく楽ちんなこと
  • リスク分散ポートフォリオ作成、買う銘柄の選定、売買、
  • ポートフォリオが崩れてきたら、すかさずリバランスなどの面倒な作業を全部、全自動でやってくれること
  • 確定申告も、特定口座の源泉徴収票ありを選択しておくだけで、自分で確定申告をする必要なし

デメリットは、
  • 楽をさせてもらうことの対価として、手数料を支払わなければならないこと
  • 強いて言うなら、楽チンすぎること?


7. よくある質問

2023年11月4日現在、「ロボアドバイザー よくある質問」でグーグル検索すると、

1位表示されるのは、ウェルスナビ公式サイトの、よくあるご質問です。

ロボアドバイザーよくある質問_ウェルスナビ
出典:ウェルスナビ公式サイト よくあるご質問


質問の中身を見ると、ログイン方法や口座開設、特別口座の源泉徴収あり・なし、の他に、

「おまかせNISA」サービスに関する質問があります。

hirohiroは、ウェルスナビも、つみたてNISAも、定額積立投資でやってて、

着実に資産を増やしていますが、「おまかせNISA」は、おすすめしません。

理由は単純で、自分で銘柄を選べなくて、つまんないから

だって、つみたてNISAは、2018年から始まって6年近くが経ったので、

積立投資の実力が測れるようになってきていて、その結果、実績値として、

年利が10%超、20%超の銘柄が、いくらでもあるのに、自分で選べないなんて、

歯がゆいというか、そこまで、ロボアドバイザーまかせにしたくない!

ウェルスナビとは別に、SBI証券で、つみたてNISA口座を開設して、

毎月の投資金額や損益を管理しています。

ウェルスナビよくある質問_おまかせNISA
出典:ウェルスナビ公式サイト よくある質問

つみたてNISAの資産運用実績を超簡単にシミュレーションする方法やはこちら

参考記事:積立nisa20年後いくら?超簡単シミュレーションのやり方と始め方


8. まとめ

最後に、この記事全体をまとめます。

  • ロボアドバイザーとは、AIが、アルゴリズムや機械学習を用いて、
    顧客にサービスを提供するサービスのジャンル


  • ロボアドバイザーには、「アドバイス型」と「投資一任型」があるが、
    日本では、アドバイスだけでなく、商品の自動売買までを行う、
    「投資一任型」の方を指す


  • ロボアドバイザー選びで絶対にチャックすべき比較ポイントは、以下の3つ
    ①一番重要なのはパフォーマンス、つまり、ロボアドバイザーの運用実績を表す年利
     すなわち、5年以上の運用実績の年平均利回り
    ②ロボアドバイザーサービス提供会社の実績として、以下の3点を比較チェックすべし
    (1)サービス提供年数、(2)登録者数、(3)預かり資産総額
    ③最後に、念のため、手数料などの違いもチェック

  • おすすめの最強ロボアドバイザーランキングは、
    ①パフォーマンスと②ロボアドバイザーサービス提供実績で、ウェルスナビが最強! 
    ③の手数料は、ウェルスナビより少し安い会社もあるが、
    ①の利回りの差が圧倒的に大きいので、実は無視できるレベル


  • ロボアドバイザーをおすすめな人は、全自動で楽にお金を増やしたい人、銀行貯金や積立NISAだけじゃ物足りなかったり不安な人、資産運用をまだ始めていない人、時間はかかっても着実に資産を増やしたい人
  • ロボアドバイザーおすすめしない人は、積立NISAだけで十分な人、手数料がもったいないと思う人、自分で投資商品を選んで運用したい人、長期分散積立投資なんか、かったるくてやってらんなーい、という人
  • メリットは、楽ちんなこと、特定口座の源泉徴収票蟻を選択しておけば、確定申告も不要

  • デメリットは、楽な対価として、1%くらいの手数料がかかること、楽チンすぎること

  • ロボアドバイザーのよくある質問は、ログイン方法や口座開設、特別口座の源泉徴収あり
    なしの他、「おまかせNISA」に関する質問

  • hirohiroは、ウェルスナビもつみたてNISAも2018年からやり続けているが、ウェルスナビの「おまかせNISA」は、以下の2つの理由でおすすめしません
    ①つみたてNISAは、6年近く経過した実績値として、年利3~30%近くまでの多くの
     商品銘柄があるのに、自分で選べなくて、つまんない
    ②つみたてNISAは、ウェルスナビとは別に、つみたてNISA口座を開設して、
     投資金額と損益を管理した方が楽しい


つみたてNISAの資産運用実績と商品銘柄は、こちらの記事で公開しています。

参考記事:つみたてNISA2022年10月不労所得実績とおすすめ商品銘柄公開

つみたてNISAは、2024年から新しくなって、上限額などが大幅に限定解除されたので、

何がどう変わったのかについて、まとめてみました。

参考記事:新つみたてNISAは上限解除?メリット最大限でデメリット最小限にするには

ボラティリティーの高い仮想通貨も、ドルコスト平均法の定額積立投資で攻略中です。

参考記事:仮想通貨を週6千円定額積立投資で不労所得!3年5ヶ月目の実績公開

楽天カードで買い物するたびに、タダでもらえる楽天ポイント投資でも稼ぎまくっています。

参考記事:楽天ポイント投資とは?5年で20万円超えた実績と超簡単な4つの戦略

参考記事:毎月2千円分の楽天ポイント投資で不労所得!2年10ヵ月の実績公開