結婚披露宴のゲストに持って帰ってもらう引き出物も

 

最近はカタログギフトが主流ですよね。

 

クライマックスで新婦が両親への手紙を読み上げ、

 

感謝の品を手渡すシーンがあって、

 

その感謝の品を選ぶことになったのですが、

 

ベタなのはクマのぬいぐるみや産まれたときの体重分のお米

 

なんかだそうです。

 

なるほど なるほど と母親にそんなんでいいのかと聞いてみたところ、

 

お米なんて、ただでさえかさばるのにそんな重いもの持って帰りたくない

 

クマのぬいぐるみなんて、家に持って帰ってきてからどうすんのよ!

 

と ドヤされました。

 

で、結局、好きなものを買ってねということで

 

全国百貨店で使える商品券にしました。

 

ちゃんとリボンと感謝の言葉も添えられてそれなりに見栄えもよいものだったので

 

こういうのって、いろんなシーンでおこる あるあるですよね?

 

お酒とか、お米とか、陶器とか

 

本来は縁起物でありがたいものなんでしょうけど

 

手持ちで持って帰ってもらうにはキツーい

 

現金、商品券、カタログくらいが軽くて好きなものを自分で選べるので一番ありがたい!

と思うわけなので、もらう人が持って帰ったり、家に置かれたり、使われるシーンを

考えなきゃイカンです

 

披露宴の当日でやった鏡割りで余った日本酒だけは500L1L

 

ペットボトルで数人に持って帰ってもらいましたが。。

 

まあ自分は過去に桐の箱に入った一升瓶を手渡されたこともあったので、

 

それに比べればぜんぜん。。

スポンサードリンク