こんな記事を見た。

婚活サイト・今オススメなのはオンラインデート
(引用:結婚・婚活・お見合いのブライダルネット婚活コラム『マリトレ』

どうやら、今は政府の緊急事態宣言が出ていて自粛を強くお願いされているので、

せっかく相手と知り合ってもデートに出かけることもままならない

それならばそれぞれが家にいたままできる、オンラインデートで楽しみましょう♪

ということなのだが、これって一昔前の言い方だとテレビ電話、

すでにデスクワークの会社員を中心に浸透しているウェブ会議、

LINEで言うところのビデオ通話っていうやつですよね ふむふむ

でもこれは、結論から言うと賛成です。

なぜなら、東京に住んでいた僕が神戸在住だった妻と出会ってからはほぼ毎回、LINEのビデオ通話(もちろん無料)を使ってコミュニケーションをとり続けたおかげで結婚できたから

パソコンではなくスマホの重さだったらもちろん、手に持ちながらでもできるし

もしなんだったら100均でスマホスタンドを買ってきて固定すればよし、なわけです。

しかし、40代の僕なんかが子供のころはまだ未来アイテムだったテレビ電話がこんなにも身近に、当たり前になったんですねぇ

(僕が子供のころのテレビ電話のイメージはこんな感じでした)
昭和のテレビ電話

では、ビデオ通話で何を見せあうの?ってことなんですが、

僕らの場合は、最近模様変えをしたお部屋の中をちらり、

美容院に行ったばかりなら顔の正面だけでなく後ろも見せたり、

趣味のグッズをちらり、

自分で料理して食べている食事や飲み物、お酒をちらり、

でも、映像の共有はちらりで、

あとは普通にしゃべりたいことをしゃべってました。

今みたいな状況化なら多分、収束したあかつきにはどこに行こうか?とか

でも、本来のビデオ通話のメリットは、なんと言っても、お互いが住んでいる場所が遠くても、その距離感が関係なくなること

LINEやメール、ビデオ通話でコミュニケーションをとり続けるのがのがあたり前になっているので、遠距離の人にも積極的にアプローチしやすい!
 

ってことじゃないかなぁ

だって、婚活サイトで遠距離の人と知り合っても、会いに行くにはお金も時間もかかるし...

みたいなことが時代の波に乗って省略できちゃうんですよね?

これは、遠距離もいいかもなぁと思ってた人には、かなり追い風なのでは?

参考記事: 8年間はまってた婚活魔境をたった2ヶ月で脱出、結婚できた遠距離の魔力

参考記事: 【オンライン婚活パーティー】超楽ちんで費用対効果アップ!? 
スポンサードリンク