貯金だけじゃお金増えないので、2018年の秋にロボアドのウェルスナビ

始めたんですが、ほぼ同時期に並行して、この「つみたてNISA」も
開始してました!

「つみたてNISA」は、SBI証券の口座開設をすれば簡単に始められます。

数ある資産運用商品の中からこれを選んだ理由をいくつか挙げると

こんな感じ


 1. 利益に対して非課税で手数料も基本的にゼロ

  2. 積立運用期間が2018年から20年間という期間限定 

 3. 金融庁より「つみたてNISA対象商品として、
    法令上の要件を満たしている商品」が対象

   
 4. 最高積立可能金額が1年あたり40万円と現実的

 5. 20年間待たなくても途中で売却・引き出しができる

 6. 超インフルエンサーのイケダハヤト氏もやっていて
    ブログに成績も公開してくれていたから 


   
  普通は投資でもなんでもお金を儲けたら、宝くじなどの例外を除いて

  税金に持っていかれますよね

  株式投資利益の場合は20.315%だそうです。

  ところが、
これを非課税にしてあげますよと言ってるわけです。

   では、どのくらいのインパクトになりそうか簡単にシミュレーションしてみると、

  毎年40万円を20年積み立てて年利3%の利益が出た場合、

  元本800万円が1075万円になるので、275万円の運用利益に対して

  税金59万円引かれるところが、タダになる。

  年利5%の場合は元本800万円が1323万円になるので、523万円の運用利益に対して

  税金113万円引かれるところが、タダになる。

  これは大きい!

  つまり、
20年間だけ毎年40万円までなら、運用してお金増やす分には、
  税金取らずに目をつむってあげるから老後に備えて自分でお金増やしてね
  と言っているわけですな


  しかも、元本保証はないものの、というか、むしろだからこそ

  国民が片っ端から大損こいたらシャレにならないので

  国が吟味した安全な商品ラインナップになっているそうです。

  引用:
SBI証券Webサイト

  そして、この小額投資非課税制度「つみたてNISA」は2018年1月からスタートしました。

  つみたてNISA自体は、住宅ローンを銀行からしたときにiDeCoと一緒に知って

  検討していましたが、なぜ 「iDeCo」 にしなかったかというと、

  「iDeCo」 は原則、60歳まで資金を引き出す事ができないので

  その不便さが引っかかってやめました。

  急にお金が必要なことが起こるかもしれないですからね

  家族が増えればなおさら
  

  ただ、当然、「iDeCo」にもその分メリットあるわけで、

  運用益の他に所得税と住民税でも節税できるようです。

  参考:
SBI証券Webサイト
  
  イケダハヤト氏がブログで解説&運用成績を公開してくれていたのも決め手になりました。

  実際に始めた結果、2018年10月下旬ころから株価などが爆下がりしてるので、

  私ヒロの評価額もドン下がりして、40万円が35万円くらいになってます
  ( ノД`)シクシク…

  でも、長期投資やってれば乱高下の紆余曲折しながらも上がるものは上がっていくもの。

  そんなことに一喜一憂するなんてナンセンスなので全然、気になりませーン  

  だって、現実世界できれいにリニアに上がっていくわけけないじゃないですか

  ただ、
爆上がりしてる時よりは、安くたくさん買えるわけなので
   今から始めるのはチャンスかも!

  それと、使い始めた当初は操作方法がよくわからなくて何度かサポートセンターに

  メールで問い合わせましたが、メッチャ迅速に丁寧な回答をくれたのですぐになれました。

  これはウェルスナビも一緒です。

並行してロボアドもやりたい、年間40万円よりもっと投資したいという方は、
ウェルスナビについて書いたこちらの記事を参照ください

参考記事:今話題のAIが資産運用してくれるウェルスナビは超簡単!!

また、電気代が今より断然安くなる電力供給会社への簡単乗り換え&節約も実行中です。
ハッキリ言って、ネット上でのインプットだけで自動的に乗り換えてくれるので
スマホの乗り換えより全然ラクちんですよ~♪

参考記事:
エネチェンジで超ラク~に電力会社をのりかえると電気代が10%安くなる



スポンサードリンク