いやー結構、銀座あたりで美味しいもの食べてた気がしてたんですが、

浅はかでしたー あまかった 格が違う 歴史が違う 重みが違う 実力が違う

あまりに違い過ぎて言葉も出なかった。

今回、ご紹介するのはそんなお店です。



最初に田楽を口にした瞬間、すぐに

「あ、 この店 今まで食べてきたお店とは格が違う」

って直感的に思った!

おひつに2合くらい、たっぷり入った15穀米を

夢中になってかきこみながら、

この世の中にこんなに美味しい食事があるのかと、

そもそも、たかがお米でなんでこんなに美味しいのかが

分からなくて脳みそは完全に大混乱状態に



やっぱり京都は凄い 奥が深い

残念ながら関東ではまず出会えない、食べれない

そういう代物でした。



ちなみに、このお店の名は瑞石庵

場所は、伏見稲荷大社から徒歩2分


line_115410236945002

感じの良いお母さん的な女性が一人でやっているようで、

一軒家のようなアットホームな感じがすごく落ち着くんですが、

そこはやっぱり京都。

古い建物でも、というか古い建物だからこそのおしゃれ感、気品があって

夫婦ともども、たいそう気に入りました。

line_115445467021004


これは、嫁がいいただいた自然薯ランチ。

かき揚げ天ぷらをちょっともらってて食べたけど、サクサクで言うことなし!

line_115450942940312

line_115464416757082


僕は、この瑞石膳をいただいたんですが、

うっかりふたを開けた写真を撮り損ねたので、

お店のHPや食べリグなどを参照してください。

line_115501334994161

自然薯料理と銘打っているだけあって、とってもフワトロで美味しいです!



ちなみに、稲荷大社とは、こーんな赤い鳥居をいくつもくぐれる超幻想的で

外国人観光客たちがあちらこちらで、アメージングとかファンタスティック

という言葉が聞こえてくる、非日常、異空間的なとってもステキなところです。

line_115361977962230



JR京都駅から二駅の稲荷駅で下車、目の前です。

僕らはこのランチの後、阪急電車で嵯峨嵐山駅へ移動して

これまた。こんな竹取物語のような異空間を散策して、

line_115478035432467

最後は、掛川の渡月橋を渡り歩いて帰ってきました。

line_115499085014930


独身の頃、東京に住む僕と神戸に住んでいた妻は

京都で落ちあっての旅行なんかをしてました。

その時は、定番の金閣寺や清水寺をまわったので

今回は、僕が行った事のなかったコースにということで

妻が企画きてくれたんですが、

何となく自然に、関東は僕が、関西は嫁が地元感を出してリードする

展開になって、いい感じです。



遠距離恋愛、結婚ならではの楽しみ方なので

結構おススメです。
スポンサードリンク