仮想通貨ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムの人気銘柄4コインを2019年の3月から毎週、自分で375円ずつ、7月からは500円ずつを買い続けてます。

いわゆるドルコスト平均法ってやつですね

資産運用としてはウェルスナビとつみたてNISAをメインにしてるので、将来、もしかするとその二つ以上に大化けするかも?!

まだ新しい技術ゆえに未知のポテンシャルに期待してコツコツ続けています。

もし爆上がりなんかしたら、なんでやってなかったの?って 後悔しまくりで絶対、耐えられないので、やらないという選択肢はなかったわけです。

では、コロナ禍の14ヵ月目、つみたて原資と評価損益を公開しまーす。

20200505仮想通貨


上から順にビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、4コインの合計で、

各グラフの色塗りが原資の累計で、折れ線グラフが評価損益です。

2月には4コイン共にプラス損益になったのに、そこから急降下しているのがハッキリわかります。

でもそこからまたニョキニョキと復活してきてるのは、やはり新型コロナショックの影響なのか?と思って日経平均株価、NYダウ平均とグラフを見比べてみる。

時期も含めて同じ傾向なのが、よくわかりました。

日経平均株価20200505

NYダウ20200505



ということは、半年から1年くらいの短期的には、コロナ収束に伴ってまた徐々に回復していくことも期待できます。

10年くらいのスパンで考えているので、まだまだ途中経過だけど、2020年5月5日現在の4コイン合計の原資と評価額の成績は以下の通りです。

  ・原資累計: 113,510円
  
  ・評価額: 107,986円

  ・評価損益: -5,524円 


仮想通貨はまだ先が全くわからないのが逆に最大の魅力なので、
いっときの感情でドカ買いはせずに、これからもコツコツと定額積み立てを続けるよー

もしあなたが新たに始めるなら、リーマンショックを超える世界的な不景気の谷底からまだ脱していない今なんて、もう生きている間に二度とない最大のチャンスかもしれんですよ

仮想通貨販売所は、売買や送金の手数料が無料の
【GMOコイン】 とそれに次いで安いZaifを使ってます。

始め方は、どちらもほぼほぼ一緒で、以下の2ステップのみなので、お金を増やすことに興味ある方は、自己責任でお試しあれ

①ネット上で口座開設申し込みをして身分証明書の写真をアップロード、入出金に使う銀行口座を登録

②審査が通ると仮登録がなされ、本登録用のURL、ログインIDとパスワードがハガキやEメールで送られてくるので、ログインして設定して完了

毎回ログイン時の二段階認証の設定はセキュリティー上、やっときましょう

関連記事: 
【実績公開】ウェルスナビ、つみたてNISA、仮想通貨の定額積立の利益&利回り



スポンサードリンク