戸建ての中古の家を買ってみてわかったのですが、売値の内訳は土地代がほとんどで

 

建物代は我が家の例でいうと2割弱くらいでした。

 

それでも、ぬかりなく注意して購入のステップを進めれば

100万や200万円くらいは違ってくることが分かったので書いておきます。

 

それは、中古物件の場合、契約書にサインする前に不動産屋さんなどの売り主に
徹底的にリフォームしてもらうように話を持っていくことです。

 

我が家を購入する際、不動産屋さんの方でも、

「徹底的にリフォームして
新築そっくりさんみたいにしまーす」 

みたいなことは言ってくれていました。

具体的には、風呂・シャワー、トイレ、キッチンなど水回りを交換して、

 

和室の畳も新装して壁と天井も張替えてくれるとのことでした。

 

でも、たまたま自分の両親が近くに住んでいたので

 

不動産屋さん立ち合いでその家を見に行ってもらうと、

 

やはりそこは年の功というか、経験がモノを言うらしく、

 

照明をすべてLEDに新装、洗面台は交換しないとか言ってたので

 

当然交換してもらうように言っといたよー

 

それから、一番気になったのは外壁と屋根の塗装がクタびれて汚くなってるから

 

入居前にやってもらったほうがいいよーと言われました。

 

言われると、あーそうか!と思うのですが、やっぱり経験がないので

 

どこまで言っていいものなのかが分からないんですよね

 

相手もプロなので。。

 

結局、塗装費用は家の買値には含められないとのことだったんですが、

 

その日のうちに決めてくれたら50万円値引くと言ってくれたので

まーもう十分だろうと、そこでサインしました。

 

ちなみに塗装工事費用は壁と屋根の両方で100万円ちょっとだったので半額くらいにできた格好です。
 

どうです? 

これで全部ぬかりなく、もれなしでしょうか?

 

やがてリフォーム工事が始まって、途中経過を見に行ったときに

 

下請け工事会社の担当者が気づいた点を話してくれたんすが、

 

玄関先の照明はボロくなってるので無償で交換します。

 

庭の木がやたら伸びているので切りましょうかと、それもタダでやってくれました。

 

これはラッキー!

 

ただ、給湯器も古くなってるから交換しませんか?と

 

これは20万円ちょっとしたので、契約前にリフォームに含めるべきだったんですよね

 

ここまで書くと、もうお分かりだと思いますが、

 

不動産屋さんのリフォーム内容じゃ抜け漏れだらけなんですよ

 

なので、まとめると、リフォーム内容には少なくとも以下を入れ込んでおくべきですね

 ・風呂、トイレ、キッチン、洗面台などの水回りを全交換
 ・内壁、天井、畳、床の貼り替え
 ・外壁と屋根の塗装
  → 金額的にはこれが一番デカイし工事も大がかりなので
     是非とも入居前にやってもらいましょう
 ・家の内外の全照明の新装
 
  
その他、気づいたことは何でも言って、できる限り含めてもらいましょう
   うちの場合は、風呂の脱衣所やトイレに、タオルや掃除道具などを置けるような棚を
   取り付けてもらいました。

私の家購入時にバイブルとして何度も読んだバイブル本はこれ!
家探しから現地見学、契約から購入後のリフォームなど家購入初心者が知っておくべき
ことが丁寧に書かれた良書です。

マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!

 
物件探しは、SUUMO(スーモ)でしまくりました。

他にもいくつか試したけれど、やっぱり一番情報多くて使いやすいんですよね

新しい物件や、同じ物件の価格ダウンなんかがマメに更新されるので

気になった物件は資料を取り寄せるのもいいけど、

結局は実際に見ないと話にならないし、良い物件こそ、

当然、他の人にも売れてしまいやすいわけなので

気になったらすぐに問い合わせて現地を見学すべし!

不動産屋さんにこちらの希望を伝えておけば、

その日に気に入った物件がみつからなくても、

後日いいのが入った時にお知らせしてくれるしね

ヒロはそのおかげで結婚して間もない時間にもかかわらず、

住んでいたアパートの更新前にギリギリ間に合って、

今の家を買うことができました。

参考記事:人生で一番高いお買い物、お家購入のバイブル本です
        かるく数百万円損するかもしれない、絶対に選んではいけない住宅物件例3つ

        住んでしまってからでは遅い!事前におさえるべき家選びの超キーポイント 
       

スポンサードリンク