今年の2月に新婚旅行でモルディブに行ったときのことですが、

 

夜中に船でバントスモルディブという島についてホテルにチェックインし、

 

中国人らしき女性が早口の英語で、プール付きのいい部屋にアップグレードします

みたいなことを言ってきて、
とにかくサインしてくれというので、

旅の疲れでとにかく早くベッドで眠りたかったのでつい、

えい 面倒くさい! とサインしてしまいました。

 

すると、ほかにも大勢日本人ハネムーナーはいたのに、

 

僕ら夫婦だけがどう考えても一番立地のいいコテージで

 

ジャグジー付きの超デラックスなお部屋に案内され、

 

よくよくツアーの説明書を読むと、勝手に高級な部屋にアップグレードして

 

半ば強引に承諾のサインをさせて、がっぽり高額な料金をせいきゅうされることがよくあるので

 

絶対に、不明確なものにサインなどしてしまわないようにご注意くださいと書いてありまーした。

 

ガーン こりゃ完全にやられたなと、メラメラと復讐の炎がわいてきたので、

サービス=無料かどうかもわからない、テーブルに氷で冷やされて置いてあった

スパークリングワインを飲みほして眠りにつき、翌日の朝に早速、

 

フロントに電話をかけて思いつく限りの文句をぶちまけて

日本で申し込みをした旅行会社にもメールしました。

 

すると、たまたま最高グレードの部屋があいていたので

アップグレードさせていただきました。

 

もちろん追加料金はかかりませんとのこと

 

なんだよー それ早くいってくれよー

ですが、ここでマジに疑問に思いました。

 

自分が騒いでなくてもホントに無料アップグレードだっただろうか???

 

ホンマかいなと 今でもかなり疑問です。

 

なぜなら、そのバントスモルディブを後にして、もう一つフィノールという島に滞在したのですが、

 

そこでも、ツアー料金に含まれているはずの300US$を最後のセインさんの時に請求されたので、

 

いやそれは支払い済のはずですよと言ったら、オー ソーリー ソーリーって

 

伝票を打ち直したりしていて、ホントにテキトーだったからです。

 

不審なことがあったらちゃんと口に出してハッキリ言わないと、

 

不要なお金を払わされることになりかねないですね

スポンサードリンク