将来のお金が不安だ、貯蓄を増やしたい

資産運用に興味があるけどまだやったことがない

何をどうしたらいいのかわからない


そんな人たちに是非見てほしい、

ごく普通のサラリーマンの僕が2018年から始めたウェルスナビの2018年、2019年の年利について、
資産運用成績を公開します。

銀行にお金を塩づけにしても1ミリも増えないということで、

2018年の秋から始めた
ウェルスナビの累計の成績がこのグラフ

青塗りが原資で緑の折れ線が評価額です。

ウェルスナビ20191231

直近のところで評価損益が、フェラーリのエンブレムの馬みたいに跳ね上がってます。

今、累計の原資が490万円に対する評価額が529万円になったので、損益がプラスの37万円にもなりました。 
いやーうれしー!



始めてすぐの頃は調子に乗って短期間に100万円を4回立て続けに投入したら、直後に景気悪に襲われた結果、

ちょうど1年前の12月31日時点では、原資419万円に対する評価額が374万円、損益が-44万円にもなってたんですね

いやー、そんときはへこんだへこんだ

でもそのあとは、優秀な
ウェルスナビのAIによる全自動資産運用におまかせしてたら、ニョキニョキと素晴らしいV字回復をみせてくれました。


コイツのいいところは、ほったらかにしたまま、寝てる間に資産を増やしてくれるところ

株などの銘柄を選ぶのもAIによる全自動なので、

自分でやるのは、最初の口座作成申し込みと6つの質問に答えて運用方針を決めるだけ

設定は後からいくらでも変えることができる。

税金も勝手に差っ引いてくれるので、自分で確定申告とかしなくていいらしいっス

そして、いつでも出金できるの便利さも気に入った。 

例えば、iDecoも検討したけど、60歳までは出金できないのでやめました


2019年単年の年利を以下の式に基づいて計算すると、
19年評価額-(18年評価額∔19年原資))÷(18年評価額∔19年原資)=19年利  

529-(374+72)÷(374+72)=18.5%という結果に

今、冷静に結果をみても、2018年12月31日現在では評価額が374万円だったのが、たったの1年間、72万円の原資積み増しで、評価損益が81万円もプラスになってるわけだから、かなり驚異的!

アメリカと中国の関係性の軟化などによる景気回復が影響したようです。


長期の定額積み立てをしてるので、この先をシミュレーションしてみると、

月に6万円=年間72万円の定額積み立てにしてるので、この年利18.5%が毎年ずーっと続くと仮定した場合を計算してみたところ、

2033年には原資累計1,499万円が1億1千306万円にまでふくれあがるという結果になりました。



まあ、さすがにこの年利がずーっと続くわけはないということで、

年利10%で計算した場合でも、2033年に原資累計1,499万円が評価額4,224万円になるから、
複利効果のってやっぱりスゴイですよ


リスク強度を5段階の4からマックスの5に上げたので、2020年はさらなる上昇を期待してワクワクしてまーす。

ウェルスナビの始め方やヒロの設定などは、以下の記事に書いてます。

参考記事: 【ウェルスナビ、紹介動画も】期間限定キャンペーン情報と運用成績公開

参考記事: ロボアドAIのWealthNavi(ウェルスナビ)運用実績が黒字で完全離陸!?
スポンサードリンク