まず、2018年は、年末時点で原資40万円が評価額35.4万円、

損益-4.6万円なので、年利は-11.4%というベリーバッドな成績。

これは秋に始めたので、年間積立上限額の40万円を

短期間にエイやっとねじ込んだところ、

その直後には急激に景気が悪くなりー、

購入した商品も見事に急降下するという

短期間に集中して原資をつっこむリスクを勉強させられた結果に(T_T)



2019年はきっちり、毎月33,333円の定額つみたて。

んで、11月17日現在、スゴイ巻き返し!

つみたてNISA191117

上の画像は、SBI証券のログインページ、資産評価額確認画面です。

2018年末時点で354,222円だった評価額に今年の原資333,400円を加えた

評価額が、787,677円になっているので、100,055円のプラスということです。

19年の年利は、2018年末時点評価額354,222と原資333,400の合計額

687,622円で割ることで求まり、14.55%らしいっス



つみたてNISAの非課税積立期間は2018年~2037年までなので、

もし、この年利14.55%ペースでず~っと

毎年40万円の積み立てできた場合、

どーなるかをエクセルで計算すると、


なんと、原資40万円✕20年間=800万円が4,313.5万円にもなるという結果に!

平均年利14.55%で20年もいくのはさすがに無理だろうけど、夢がある。



14.55%は無理でも、5%くらいは現実味あるでしょうと計算してみると、

それでも1,372.1万円になるから、

これがアインシュタイン曰く「人類最大の発明」である、複利効果の威力でしょう

やっぱ、やる価値は十分ある!

だって銀行に貯金してても一ミリも増えないでしょ?



つみたてNISAとはなんぞや、どーやって始めるの?という方は、

下の記事なんかに書いてますので是非、どうぞ

関連記事: 【SBI証券でつみたてNISA口座開設】非課税期間は期間限定です

関連記事: 非課税期間限定のつみたてNISAも利益プラス化で2038年が楽しみ!

スポンサードリンク