2019年夏に楽天ふるさと納税を始めたときに、楽天カードでお買い物するたびに付与されるポイントで投資信託を買えることを知りました。

ポイントをタダでもらっては買い増し、もらっては買い増ししてれば投資信託の価値が上がるにつれて、利益は複利効果で雪ダルマ式にふくれあがる。
この無限ループは、かなり楽しいです。

楽天ポイント投資を知らなかった頃は、たまったポイントを何も考えずに楽天市場でのお買い物に回してたけど、2019年10月からは基本全部、楽天ポイント投資に回すサイクルにして、運用成績を時々、載せてますので興味のある方は是非、参考にしてあげて下さい。

関連記事: 【楽天ふるさと納税体験】毎年5万円相当を簡単にゲットする方法
関連記事: 【楽天ポイント投資】開始から4ヵ月目、2020年2月19日時点


購入した投資信託商品

購入したのは、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスという商品。
実はこれ、全くの偶然で、つみたてNISAで購入してたのとおんなじやつでした。

下のグラフは、この商品の価値の推移を表したもので、上の折れ線グラフの方だけを見てもらえばよいのですが、新型コロナで3月頃に急降下したものの、その後すぐにV字というかレの字みたいな回復を見せ、2019年初からの2年間では約20%も価値が上昇してるので、今のところなかなか優秀なやつです。

楽ポ投保有商品_202012228
(出典)楽天証券HP


関連記事: 【つみたてNISA実績】利回り19.5%なので2037年には8千万円に!
関連記事: 【つみたてNISA成績公開】2年5ヵ月経過の2020年12月度


開始から1年2ヵ月目、2020年12月28日時点の運用成績

下が楽天ポイント投資の運用成績をグラフにしたもので、オレンジの線が投資金額で青色塗りが評価金額です。

楽ポ投_202012228

2020年7月頃から、評価金額が投資金額を上回ってプラスに転じ、2020年12月28日現在では、投資金額23,946円に対して評価金額が27,886円なので、プラス3,940円の不労所得を生み出している?
いやいや違いますよね。そもそも投資金額23,946円もタダでもらったポイントなので、評価金額27,886円まるまるごっそりが不労所得でっせ!

まさに寝てる間にお金が増えていくという、夢のスパイラル。
10年後、20年後、30年後が楽しみ 楽しみ

公共料金の支払いなど、できるものはすべて楽天カードでの支払いに変更して、ひたすら楽天ポイントをゲットする体制にしました。その結果、このペースでいくと1年間に2万ポイントくらいをゲットしてこの楽天ポイント投資に回せそうなので、年利10%の場合、計算では開始から18年後、あと17年後に100万円に到達します。元手タダで

関連記事: 【体験中】楽天ポイント投資でゼロから100万円をつくる方法

更に、最近知ったんですが、お買い物をしたときに楽天ペイで支払いができる場合にはそっちにすると、
楽天カード支払いの場合に付与されるポイント還元率1%が、1.5%に増えるんですね


スポンサードリンク