最近、妻からイビキがうるさすぎると言われて、

ちょっとした夫婦生活の危機に陥ってます。

妻が訴えるには、

  
まるでクマかなにかの鳴き声のよう

  前は少し体をゆすれば止まったけど、
  最近は思いっきり空手チョップをくらわしても全く効かない

  嫁も寝不足になるし、僕も睡眠時無呼吸になっているので
  多分、相当に体に良くないので心配だ

というわけで、睡眠時無呼吸症候群の相談ができる近所のクリニックに行くことに



まずは簡易検査キットで重症度をみることに

クリニックでは、イビキはどんな調子か? 最近、急激に体重が増えたか?

というような、ごく想定内のことをいくつか聞かれ、

まずは簡易検査をしてみましょうかということで、以下の流れで進むことに

 

業者から簡易検査キットが宅急便で送られてくるので、

マニュアルに従って鼻と指先にセンサー、治具を装着して寝てデータを取得。

検査キットごと業者に送り返すと、クリニックに解析結果が送られてくるので、

それをみて、どうするかを決める。

ここまで2、3週間で、費用は保険適用で約4,000円ほど



結果は、重度の睡眠時無呼吸症候群に近い中度

1分間あたりの無呼吸時間とその回数で見るらしいのですが、

僕の場合は27秒くらいあって、30秒以上で重度に近いので、

大きな病院で1泊の精密検査をしてみましょうという展開に!

ありゃりゃりゃりゃー



精密検査の結果は、見事に重度!

クリニックの紹介状をもって、人生初の入院検査をしました。

最初に、睡眠時無呼吸症候群は、放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞、

糖尿病などを引き起こすリスクがあるのでこわいよ~

治療法には、毎晩寝るときに空気マスクをつけるCPAP、マウスピースなどがあるよ~

というDVDも見せられ、



精密検査と簡易検査の違いは、頭や上半身、下半身にもセンサーつかられまくって

ちゃんと寝ているか、寝がえりを打ってるかなどの体の動きを事細かにをみるほか、

とにかく睡眠時無呼吸の測定精度が高いとのこと。



保険適用で検査費用が3万円で、入院する部屋が個室になるので
差額ベッド代が1万7千円くらいかかったけど、やむなしか


2週間後に検査結果を聞きに行くと、なんと完全な重度判定!おめでたやー



夜中に何度も呼吸が苦しくて目が覚めてるというから、

そりゃー疲れもとれないわけだ



毎晩、空気マスクを鼻につけてぐっすり気持ちよく寝てます

こんなんつけて寝れるんかい? と思うんですが、

これが、意外なほど気持ちよく寝られます。

なんか、宇宙飛行の旅に行くかのようなふわふわしたリラックス感が訪れて

よく眠れるんですよ 

トイレに起きることもなくなってビックリこいてます。



鼻に圧高く空気が送られてくるので、メチャメチャたくさん吸い込める。

自分は子供のころからアレルギー性鼻炎で、今も鼻の通りが悪いので

とっても気持ちがいー

起きてるとき、CPAPの機械を使っていないときも鼻の通りがよくなった気もする。



そして、妻が言うには、本当にまったくイビキをかいていないそうです。
CPAP治療にかかる費用は、保険適用で月に4,500円
機械はレンタルです。




治療方法について

CPAPやマウスピースはあくまで対処療法なので、

根本的には、以下のようなことを複合的にやっていくしかないそうです。

  生活習慣を見直してダイエット、禁酒をする。

  耳鼻咽喉科で鼻の通りをよくする治療をする。

ちなみに、ダイエットはお相撲さんくらい太ってる人じゃないと、

それだけでの期待効果は薄いそうです。

僕の場合は、先生の見立てでは下あごが小さいことが主原因だけど、

耳鼻咽喉科で鼻の通りをよくしてもらうのは十分に可能性あるとのこと

できればダイエットもして、CPAPを継続して経過を見ながら改善が見られれば、

中度の患者への治療法であるマウスピースに移行できるともおっしゃっていました。



次回は、1月8日にデータが記録されてるSDカードを抜き取って病院に行くので、

またアップします。



スポンサードリンク